お知らせ

・2015,09,19より、写真の表示サイズを大きくしました。
・写真をクリックすると、Flickrに移動します。
・本文投稿後、しばらくしてから写真を追加することがあります。

2016年9月9日金曜日

「PARADISE AMAMI」第6話


奄美群島をバイクで旅するこのシリーズの動画が上がるのは、随分と久しぶり。楽しみにしていました。

「この美術部には問題がある!」第10話

「この美術部には問題がある!」の第10話 「思い出のターコイズブルー 他」を。



追記

平常運転という感じで、面白かったです。

美術部顧問の立花夢子ですが、「クロムクロ」を観たあとだとカウンセリングも担当する宇波茉莉奈とどうも混同してしまって w

「クロムクロ」第23話

「クロムクロ」の第23話「雪に唄う蛙」を。

前回、ミラーサが生存していることが確認されたわけですが、彼女が搭乗していた「スパイダー」はどの程度の損傷を受けたのでしょうか。

なにはともあれ、自分はムエッタ推しなので w 彼女が今後どういう道を歩むことになるのかが一番の気がかりとなっています。



追記 1

意表をつく話でしたけれども、内容も、そして構成も良かったです。

ムエッタが話す場面が多かったのがなにより w

由希奈がムエッタの扱いに慣れている感じがするのは、剣之介を現代社会に適応させるのにいろいろと苦労してきたからということもあるのでしょう。

ゼルといえども、エフィドルグの母艦を中心として展開されたシールドからは抜け出す手段を持っていないということですかね〜。

劉神美の「燃えよドラゴン」を連想させるコスプレは製作者側の遊び心が感じられて、映画撮影の場面のカオスさをより引き立てていたようにも感じられました。

話全体で自分が気になっている謎としては、

  • 450年前のエフィドルグ先遣隊襲来の際、雪姫、剣之介、そしてゼルの間になにがあったのか。そして、その時はどうやってエフィドルグに勝つことができたのか。
  • 剣之介もムエッタ同様に瞳が赤く、通常の人類とは異なる身体回復能力を備えているが、それは何を意味するのか。
  • 剣之介を「ザ・キューブ」の中に閉じ込めたのは、誰がどんな意図をもってしたことなのか。
  • カクタスが拉致した(とされる)人間たちはどうなっているのか。
  • 雪姫のクローンを作った理由は何なのか。

といったことでしょうか。

ムエッタがメドゥーサに搭乗し参戦するにはまだ越えなくてはならないハードルがあるようにも思いますが、前にも書いたように、一般人とも言える由希奈を戦力から外して(←ソフィーもパイロットから外されているわけですし)、クロムクロに剣之介と二人で乗るというのはどうでしょうかね〜。

それで上層部の信頼を得るなり、そうした戦い方では戦力がやはり足りないという段階でメドゥーサに単独搭乗というのもありかな、という気も。そんなにのんびりしている余裕はないかもしれませんが。

そういえば、雪姫の父親、つまり鷲羽家の殿様はどんな人物だったのでしょうか? いまだに素顔を見せないエフィドルグのレフィルと何か関係があるのかも、というのはあまりに的外れな推測でしょうか。まぁ、仮にここで雪姫の父親が出てきたところで、だから何?みたいなことにはなりそうですけれども。

追記 2

公式サイトの第24話の予告画像を見ると、依然として由希奈がクロムクロに搭乗していますね〜。


「決戦」ではなく「血戦」というのが、はたして何を意味しているのやら。

今回のみんなでバカになりきって遊んだ一日の掛け替えのなさを否応なく実感させられるような、そんな凄惨な戦いが待ち受けているということでしょうか。

追記 3

荻布美夏: ていうか、普段、何食べてたの?
ムエッタ: 四角いものだ。
荻布美夏: 四角いって・・・。
ムエッタ: このように美味しいものではなかった。

この前のシーンで警戒中のミラーサがスパイダーの上で食べていた緑色の固形食が、ムエッタの言う「四角いもの」なのでしょうね〜。

そういえば、ムエッタは由希奈の家で少なくとも一泊はして、登校前に朝食も食べているでしょうから、現代の日本で味わうことが可能な料理にまったく馴染みがないというわけではないハズ。スプーンはわからなくても、箸だったら使えたのでしょうか?

雪姫が有していた外見以外の能力や経験値というのは、ムエッタにどの程度引き継がれているのでしょうかね〜。

追記 4

ムエッタは今回のイベントを通して、クラスメート達から仲間として認められる入り口に立つ事ができたわけですが、自らの命を賭してエフィドルグと戦う動機付けとしてはまだ弱い感じがしますね〜。

次回あたりで、ムエッタが自ら進んで戦いに出ようと決意するような出来事が描かれるように思います。というか、もうひと押し欲しいところです。

追記 5

ゼルの目的のひとつがエフィドルグへの復讐ですから、立山にいる先遣隊の「ゲゾンレコ隊」を殲滅するだけでは足りないわけですよねぇ。

ムエッタのいう「星の道」をエフィドルグの大艦隊が移動中に、「枢石」を破壊したらどういうことになるのでしょうか。

エフィドルグの母艦がトラクタービームで「枢石」を宇宙空間に上昇させているシーンがありましたが、トラクタービーム内は重力シールドが効かないはずなので、ミサイル等による攻撃が可能でしたよね〜。

追記 6

荻布美夏のコスプレの元ネタは、ランカ・リーでしょうかねぇ?

由希奈は探検家のような格好をしていましたけれど、何のコスプレでしょうか。「インディ・ジョーンズ/最後の聖戦」でショーン・コネリーが演じたヘンリー・ジョーンズとか?

追記 7

この映画撮影のカオスぶりに大いに貢献したトム・ボーデンに死亡フラグが立ったように感じられたのですが・・・思い過ごしならいいのですけれども。

ナス

畑から帰ってきたところ。

このところの雨でナスがたくさん。どうしたものやら w