ページ

お知らせ

・過去の日付での投稿(過去投稿)をすることがあります。
・2018,11,25 最下段に「アクセス数の多い投稿」を表示。
・2018,11,27 ヘッダーに画像を追加。

2014年9月27日土曜日

御嶽山が噴火

気象庁によると、27日午前11時53分ごろに発生。国土交通省中部地方整備局が設置しているカメラでは、南側斜面を噴煙が3キロ以上流れ下りている様子が観測されているという。

長野県木曽町や王滝村によると、登山道を歩いていた人に噴石が当たり負傷したなどという情報があり、確認を急いでいる。
噴火というのは、まだ予知できないのでしょうかねぇ。負傷者がいる可能性もあるということで心配です。


御嶽山というと、山体崩壊のことが話題になったばかりでしたが・・・




追記 1

長野県は、政府の関係省庁災害対策会議で、御嶽山の噴火で合わせて7人が意識不明になっているほか、8人が大けがをしているという情報があることを報告したということです。

追記 2

噴火が収束する見通しはいまのところ予想できないようですが、御嶽山登山だけでなく周辺の紅葉やスキー、温泉などに依存する観光収入は大きな打撃を受けることになりそうですねぇ。

追記 3

映像は8合目付近から南西側の山頂付近を撮影したもので、27日午前11時50分ごろ、噴煙が山頂付近から広がり、上空に向かって上がる灰色の噴煙と、黒っぽい煙が山の斜面をはうように広がって流れ下る様子が分かります。

山に居た人でも、振動や音などの予兆を感じなかったということでしょうか。

追記 4

「御嶽剣ヶ峰山荘」にいる男性に午後4時20分ごろ取材したところ、「山荘の近くで3人が灰に埋もれたままになっているのが見える。さらに上のほうにも少なくとも2人が埋もれているように見える」と話していました。

火山灰で視界が遮られるうえに日が暮れてしまったとなれば、避難も救助も困難を極めますよねぇ。

追記 5


追記 6


ということのようですが・・・。