ページ

お知らせ

・過去の日付での投稿(過去投稿)をすることがあります。
・2018,11,25 最下段に「アクセス数の多い投稿」を表示。
・2018,11,27 ヘッダーに画像を追加。

2014年12月16日火曜日

「弾ぁ、まだ残っとる」

組織ちゅうのは、汚い大人の集まりだから(笑)。喧嘩(けんか)するだけ無駄だ、勝てっこない。でも、負けたからといって卑屈になることもなければ、気力を手放すこともないんだよ。

引用箇所は2ページ目です。

「組織ちゅうのは」のところは、世間、世間体、一般常識、ネット上の極端な価値観・・・等々にも置き換えることができるのではないでしょうかね〜。

例えば、都会でサラリマーンをやりながらネットにドップリと浸かる生活をしていれば、視野が狭くなって単純な価値観に右往左往させられていることに気づかないかも。実際にはいろいろな生き方があるわけですし、簡単に自分を否定するようにはなってほしくはないものです。

イベント前の不安

でも、そんなことをすればするほど、負のスパイラルは広がって、不安だらけになって。  
そのうち、みんなで集まることを望んでたはずなのに、怖くなってる自分がいて・・・

大きなイベントをした直後に、高揚感を語るよりも先にその2週間前に感じていた不安を吐露できるというのは、なかなか凄いことではないでしょうかねぇ。事前に感じていた不安感や心配事なんて、そもそも忘れてしまいそうなものです。

吉岡茉祐さんは真面目で正直な性格のようですし、想像力も創造力も優れたものがあるために、並みの人間がそうであるよりもいろいろなものが増幅されて感じられたりすることがあるのかも。

それにしても、センターとしての重責に押し潰されそうになったこともあったとは思いますが、Wake Up, Girls! 発足当初からここまで見事にその務めを果たしてきたものだと本当に感心してしまいます。

多才な方ですけれども、島田真夢以外の声優としての仕事も来年は期待したいところです。

"終わりたくない"が、こんな形でかなうなんて。

そういえば、吉岡茉祐さんを始めとするWUGのメンバーの頭の中には、ひょっとすると来春の番組改変期に合わせてWUGの活動が終わってしまうのかも、というような危惧があったのかもしれませんね〜。

自分はWUGに関しては基本的に「箱推し」の立場なのですが、どういうわけか、吉岡茉祐さんに関してはいろいろと書いています w そのうちのいくつかを。