お知らせ

・2015,09,19より、写真の表示サイズを大きくしました。
・写真をクリックすると、Flickrに移動します。
・本文投稿後、しばらくしてから写真を追加することがあります。

2017年6月29日木曜日

晴明神社

P6296466 

ホテルの近くのスーパーで買い物をしたあと、ぶらぶらと散歩をしていたら晴明神社にたどり着きました。

この場所は安倍晴明の屋敷跡だそうです。


P6296469

境内のあちらこちらに五芒星が。

日本の平安時代の陰陽師、安倍晴明は五行の象徴として、五芒星の紋を用いた。「安倍晴明判(あべのせいめいばん)」や「晴明九字(せいめいくじ)」とも言い、キキョウの花を図案化した桔梗紋の変形として、「晴明桔梗(せいめいききょう)」とも言う。家紋として現在使用されているものの多くは、桔梗紋の清明桔梗と見られ、現在も晴明神社の神紋などに見ることができる(セーマンドーマンも参照)。

上の解説の最後にある「セーマンドーマン」ですが、

セーマンドーマンまたはドーマンセーマンとは、三重県志摩地方(現 鳥羽市と志摩市)の海女が身につける魔除けである。
陰陽道と関係するのではないか、ともいわれ、星形の印は安倍晴明判紋、格子状の印は九字紋と同じ形状である。このセーマンは安倍晴明、ドーマンは蘆屋道満の名に由来するともいわれる。伊勢志摩の神島地方の海女は、この両方をあわせて『セーメー』と呼称している。
ということで、やはりこの動画を思い出してしまうわけです w


懐かしいですね〜。