ページ

お知らせ

・過去の日付での投稿(過去投稿)をすることがあります。
・2018,11,25 最下段に「アクセス数の多い投稿」を表示。
・2018,11,27 ヘッダーに画像を追加。

2019年3月19日火曜日

海明け

紋別市と網走地方気象台は19日、目視できる沖合の流氷が海面の5割以下になり、船舶が航行できる「海明け」を発表した。

「海明け」という言葉を始めて知りました。

知らないことがたくさん。

第六感を確認

地磁気を感じる「磁覚」は渡り鳥のほかサケやミツバチなど多くの動物が持っており、人間も以前は持っていたが退化したとみられている。ただ、人体には磁気を感じ取る働きがあるとされるミネラルやタンパク質が多くあることから、利用できなくても感じ取る力は残っていたらしい。

もし、第六感イコール「磁覚」だと定義付けられてしまったら、困ってしまう創作物は多いかも w

「磁覚」能力の利用が可能になれば、軍事目的での応用の可能性を探ったり、能力を高度に発達させる研究が始まって、ゆくゆくはニュータイプと呼ばれるような新たな人類が生まれるのでしょう。

第六感というと「虫の知らせ」が連想されますけれども、「磁覚」との関係性が明らかになったら面白いですね〜。

旧昭和興業製糸場

作業者がいすに座って手作業で糸をたぐり、枠に巻き取る「座繰」を行っていた工場で、屋内には蚕の繭を煮て糸を取りやすくする煮繭場、糸を取り出す繰糸場、糸を大きな枠に巻き直す揚返場などがある。腰高のガラス窓が並ぶ造りや、屋内の蒸気を逃がすための越屋根などは当時の座繰工場の特徴だ。
昭和12年には女性を中心に約70人が働いていたといい、平成7年まで操業していた。

これはぜひとも見学したい施設。

それにしても、「日本司法博物館」が「松本市歴史の里」に変わっていたとは知りませんでした。

バラムツ


「尻から油」とはなんのことやらと思いながら読み始めたのですが、文字通りの意味なんですね〜 w 体を張った記事というやつです。

何度も茹でこぼしたり、今回はできなかったようですが、七輪等を使って炭火で焼いてみたりした場合はどうなのでしょ〜か。

「尻から油」も困りますが、自分としては同じくらい胸焼けも避けたいところです。

晴れのち曇り

朝から良い天気だったのですが、いつのまにか雲が増えてきて、すっかりどんよりとした曇り空に。

雨が降り出しそうな空ですが、予報では長野県中部の正午から18時までの降水確率は20%。どうなることやら。