ページ

お知らせ

・過去の日付での投稿(過去投稿)をすることがあります。
・2018,11,25 最下段に「アクセス数の多い投稿」を表示。
・2018,11,27 ヘッダーに画像を追加。

2014年8月21日木曜日

夕焼け

P8217584

鍋冠山上空の夕焼けです。

天使の階段と常念岳

P8217579

日没直前には、いわゆる「天使の階段」が。

常念岳

P8217578

中央が常念岳です。

左側の丸みを帯びた山は、鍋冠山。右端の雲間に、有明山の山頂部分が見えています。

景色

夜の部ではタチアガレでよっぴーとパートを交換?して歌いました。
よっぴーがいつもあそこで泣きそうになる感じ、分かったです。
見たことない景色。
いつもこれ、独り占めしてんのかーと思うと…w

少し遡って、8月19日に更新された吉岡茉祐さんが書いたブログです。


参考までに、パート交換をしていない通常の「タチアガレ!」です。「よっぴー」こと青山吉能さんが「いつもあそこで泣きそうになる」というのは、あの場面のことでしょう w でも、この映像ではカメラワークが悪くて映っていないのかも。


少し前の動画ですが、こちらのほうがカメラワーク的には良いように思います。

でも、アイドルとしてステージに立つというだけでも、一般人には想像もつかないような「景色」を目にしているハズですからね〜。

ある立場になった人の前にだけ広がるであろう「景色」、例えば、スポーツでも学術や芸能でも構わないのですが、その道を極めたり、頂点に立った人だけがきっと見ることができるであろう「景色」・・・というものに子どもの頃からどういうわけか興味があるのですが、多分、それは自分がそうした「景色」を見ることはおそらく一生無いのだろうなァ、という諦めに由来するものなのでしょうけれども。

そうした「景色」を目にしている間って、どんな時間が流れているのでしょうね〜。意外と静寂に包まれているようにも想像してしまいますが。

「景色」を見ることができた人は、次に何を思うのでしょ〜か? 別の「景色」を見るための意欲が湧いてくる場合もあれば、もう二度とこの「景色」を見られないかもしれないという恐れを感じることもあるのかもしれませんね〜。

体験したくてもそうは簡単にできないことだけに、憧れを抱いたままで一生を終えることになりそうです w

飯能

明日の儀武ゆう子SUNは、
『ヤマノススメ』の聖地『飯能』をアスミンと闊歩するよ!

「儀武ゆう子SUN」と書いてあるだけでは、わからない人にはわからないままかと w


「アスミン」とは、言うまでもなく阿澄佳奈さんのことです。

飯能というと、東京に住んでいる時、奥秩父方面の山に登ったり、バイクでツーリングに行った時などによく通ってはいましたが、電車利用にしてもバイクにしても文字通り通過するだけで街歩きをしたことは無いような・・・。

そんなわけで、あまり印象に残っていない街ではあるので、どういう場所が紹介されるのか楽しみです。




追記


暑そうなロケ w 画質は仕方のないところでしょうか。