ページ

お知らせ

・2015,09,19より、写真の表示サイズを大きくしました。
・写真をクリックすると、Flickrに移動します。
・本文投稿後、しばらくしてから写真を追加することがあります。

2016年8月8日月曜日

「生前退位」

この一番の問題は、退位の意思の表明が公明正大な場でなされる(なされた)ことを誰が保証するのか、ということでしょうね〜。

別の言い方をすれば、各方面に大きな影響がある退位というイベントは、複雑に利害の絡んだ政治的な駆け引きを誘発しかねないわけで、最悪、ブラックボックスの中で退位がいつの間にか決定事項となっていた、なんてことだってありえるかもしれないわけです。

皇位継承が平和にスムーズに行われるということのほうが、長い歴史のなかでは珍しいことなのではないでしょうか。

話は変わりますが、「譲位」という言葉を持ち出す人がいますけれども、今問題となっている件には全く筋違いというか、ふさわしくない言葉ではないかという気がします。

「譲位」というからには「誰が」「誰に」という極めて政治的な、というか政(まつりごと)の最大懸案事項が後継者選びと譲位ですから、日本国憲法にのっとって政治と距離を置き、象徴としての立場をまっとうしようという天皇の姿勢からすれば、「譲位」というのがかけ離れた概念だということになるように思います。

「orange」第6話

「orange」の第6話「LETTER06」を。



追記

「告白されたい人」が自分だとはっきりわかっているのに、翔の「気になる人」が誰だかわからないってどういうことなのでしょ〜か?

手紙はまとめて届いているような描写がありましたねぇ。先のことを知るのが怖いから、少しずつ読んでいるみたいな。手紙を一気に読んでいれば、解決できたこともあったような気も。

それにしても、トラックの前に自殺目的で飛び出すというのは、運転手さんがあまりにも可哀想じゃないですか。で、自殺の可能性は考慮されず事故として処理されていたとすれば、運転手さんやその家族が悲惨過ぎます。作者は他の手段を考えられなかったのでしょうかねぇ。

畑から

IMG_8398 

先ほど帰宅。で、野菜を洗い終えたところ。

雷雨のおかげで、ナスとオクラが大量に。

枝豆は、今回で今期の収穫を終了。