お知らせ

・2015,09,19より、写真の表示サイズを大きくしました。
・写真をクリックすると、Flickrに移動します。
・本文投稿後、しばらくしてから写真を追加することがあります。

2016年8月15日月曜日

花火

玄関先で線香花火を楽しんだところ。

娘にはどう見えていたのやら。

金と銀とで

「戦国!姫のお宝さがし」をしていたら、午前中にシルバーの宝箱で300pt。そして、先ほど、ゴールドの宝箱で300ptをゲット。

1日に2回も300ptが当たったのは初めて。お盆でやっている人が少なくて、当たる確率が大きくなっているのでしょうか。

「orange」第7話

「orange」の第7話「LETTER07」を。



追記

高校生の高宮菜穂は、恋愛対象としては成瀬翔一筋。須和弘人は眼中に無いわけですよねぇ。で、そのことも須和は自覚している、と。

それが、翔の死後にいろいろあって須和と結婚。

須和としては、翔が生きる選択枝があるのなら、今度は菜穂と翔の恋愛を成就させたい・・・彼の考え方はまぁわかるのですけれども。

須和と結婚し子供を授かった菜穂は、翔が生きて恋愛が叶う可能性があるのだから翔だけを見るようにとアドバイスしているようにも思えて、10年後の菜穂にとっての須和と子供の存在は何?、後悔しているわけ?と突っ込みたくもなる原因となっているわけですが、このあたりは最後まで観てもそう思えてしまうのなら、もうこれは原作者の設定ミスかなァという気がします。

自分が10年後の菜穂の立場であれば、どうでしょうかね〜。翔が生きる可能性だけを考えた手紙を送るところでしょうけれど、高校生の菜穂が翔にゾッコンであればやはり難しいのかも。

そういえば、今回は作画の雰囲気が変わっていましたねぇ。変顔も出てきましたし。

「あまんちゅ!」第6話

「あまんちゅ!」の第6話「ホントじゃない願いのコト」を。



追記

静かな雨音での始まりは印象的でした。

今回の小日向光は随分と可愛く描かれていましたね〜。自分の娘にもああいう性格に育ってくれたら、なんて少し思ったりも。

道の駅での顧問と大木双葉の会話、願い事や目的は必ずしも無くたって・・・という話は良かったです。

道の駅は伊東マリンタウンで、伊東マリンロードという防波堤上の遊歩道の先に「あい・讃歌」というモニュメントがあり、リボンは一本100円のようです。