ページ

お知らせ

・過去の日付での投稿(過去投稿)をすることがあります。
・2018,11,25 最下段に「アクセス数の多い投稿」を表示。
・2018,11,27 ヘッダーに画像を追加。

2019年6月13日木曜日

ドローンによる山小屋への輸送実験

ドローンでの配送は野菜などの生鮮食品を想定。猿倉のヘリポート(標高約1200メートル)が発着点で、標高差約1500メートルの村営頂上宿舎や白馬山荘に最大10キロの荷物を配送する。配送以外にも、遭難対策などに役立てるための動画撮影や、登山道、有害鳥獣のパトロールでも試験的に利用する方針。

昔、北アルプスの稜線上にある山小屋で働いていたことがあって、ヘリによる荷揚げも何度か体験したことがあります。

当時は東邦航空のヘリ(エアロスパシアル SA315 ラマ)が夜明けとともに松本空港から飛来、途中で荷物を吊るして山小屋に運び上げていました。

たしか、積載重量を600kgか650kgくらいに抑える必要があって、事前にモッコに荷物をまとめておくのですが、おおよその重量を計算してはいても、実際にヘリで吊るしてみると重量超過ということがたびたびあって、そのたびに東邦航空側の責任者だった篠原さん(←その後、遭難救助活動中の事故で亡くなられました)に怒られたものです w

記事にある「最大10キロの荷物」というと、缶ビールなど350ml缶の24本入り一箱でギリギリというくらいでしょうか? 生鮮食品を想定しているということですが、キャベツや玉ねぎ、人参あたりでもすぐに10kgに達してしまいそうです。

荷揚げの主力とするにはまだまだ物足りないですよね〜。満タンのドラム缶やボンベ類、建築資材なども揚げる必要があるわけですし。

そうはいっても、いろいろと試してみないことには始まらないわけで。人が容易に接近できない状況下でのドローンの活躍は、大いに期待したいところです。

気象神社

気象神社は日本にひとつ、高円寺氷川神社の境内にある。前身は昭和19年に大日本帝国陸軍の陸軍気象部(高円寺北4丁目)構内に造営された社。
昭和20年に氷川神社(高円寺南4丁目)の境内に遷座される。

四国から東京に出てきて最初に住んだのが高円寺でした。記事で書かれているように、気象神社が高円寺の氷川神社にあるということも知らなければ、氷川神社にも行ったことがないまま、残念ながら高円寺を離れてしまいました。

東京で暮らしていた時にもっと探究心を持ってあちらこちらを歩いておけばよかったと後悔することが多いのですが、まぁ、仕方がないですねぇ。

7月16日に新海誠監督の新作アニメ映画、『天気の子』が公開される。その予告ムービーに写っているのが「気象神社」と書かれた絵馬。

現時点で予告ムービーは2つYouTubeにあるのですが、 絵馬が出てくるのは2番目のほうですね〜。1:05あたりです。

「オフ車で行かない・・・」


ポンコツライダーズの動画ですけれども、「オフ車で行かない林道ツーリング」シリーズとしては何番目になるのでしょうかね〜。

今回も面白かったです。次回が楽しみ。

晴れ

昨日の予報通り、晴れとなっています。

朝は一部で霧が出ているような感じでしたが、その後は青空が広がって気持ちのいい晴れの天気となっています。

一週間ぶりくらいにバイクに乗りましたが、やはり良いものですね〜。