ページ

お知らせ

・過去の日付での投稿(過去投稿)をすることがあります。
・2018,11,25 最下段に「アクセス数の多い投稿」を表示。
・2018,11,27 ヘッダーに画像を追加。

2012年8月22日水曜日

稲光を受けて光る雲



北東方向の空です。上空の雲が夕日を受けて赤く染まっていますが、その下では盛んに稲光が発生していました。
左側の白い部分が、稲光を受けて光っている雲です。

斜めに伸びる光


北アルプスの向こう側に沈んだ日の光が、有明山の背後の空を左側から右上に斜めに伸びています。

常念岳上空の夕焼け


写真を撮るのが少し遅かったかもしれません。

結局、常念岳は朝から夕方まで、一時的に雲に隠れることはありましたが、姿を見せてくれていました。

報酬と引き換えに

石黒容疑者は長野県警松本署梓川駐在所(同県松本市)の端末から不正に車37台分の個人情報を入手し、依頼した長野県警の元警察官で探偵業の平林大生(だいお)容疑者(60)=贈賄容疑で再逮捕=に情報を渡す見返りに、現金計7万4000円を受け取っていたとされる。

見返りとして受け取ったのは、たったこれだけ・・・まぁ、報酬目的の犯行ではないのでしょうけれど、容疑者が失ったものはあまりに大きいですよねぇ。

富士山の山体崩壊

東側に崩れると、同県御殿場市や周辺の河川沿いに住む約40万人が被災するとした。また、北東側への崩壊で約38万人、南西側で約15万人が被災する

国道1号線や東名高速道路、東海道線や新幹線も被害を受けるでしょうし、国道20号線や中央自動車道、中央線だって無事ということはないでしょうし・・・。避難や救援活動は、相当な困難を伴うことになりそうですが。

東京と名古屋圏、関西圏との陸路が寸断されることを考えると、いろいろな面において全国的な影響が出ることになるのでしょうねぇ。

富士山が山体崩壊を起こすような地震があった場合、東京だってその地震による大規模な被害が発生するようにも思いますが、どうなのでしょうか。

新iPhoneの発売は9/21(金)?

今回のiPhone 5のリリース・スケジュールはおそらく以下のとおりになるだろう。
・プレス発表:9月12日(火)
・予約開始:9月12日(火)
・販売開始:9月21日(金)

いよいよ具体的なスケジュールの予想が出てきました。

自分はiPhone 4を使っているのですが、まだ壊れていないので w 少なくとも、発売直後に買い替えるというようなことはないと思います。できれば、まぁ、金銭面の事情からですが、iPhone 6の登場まではこのまま使い続けたいと・・・。

SoftBankは、iPhone 4ユーザーを対象に無料で交換できるというようなキャンペーンをやってくれませんかね〜。それなら、すぐに替えますけれども。

稲穂


ふと田んぼを見れば、稲穂がもうこんなに重そうに頭を垂れていました。

田植えが行われたのは、ついこのあいだのことのような気がするんですけれどねぇ w

常念岳


朝から常念岳が姿を見せてくれていました。

午前10時頃に撮った写真です。

音響監督という仕事

声優は、目の前のモニターと、台本とを交互に見ながら演技をしていく。このとき、台本が縦書きであれば、目の動きがつねに上下方向に固定できるため、スムーズに進めることができるのだそうだ。

他にもいろいろと興味深い話がたくさんありました。

それにしても、生に近いブロッコリーを噛む音を、タマネギを齧る音で本当に再現できるのでしょうかね〜 w

「ポキっと折れない柔構造の人生設計」を読んで

驚かないで歯を食いしばってみんな同じ姿勢でふんばるのは安定ではない。そういうことをして今立っている会社を「安定している会社」と呼んで、みんな子供をそこに入れたがる。一生の間、驚かないですむ人生を、安定した人生と呼んで、そのために努力する。

内容的には同意できるのですが、上に引用した箇所の「安定している会社」の定義に関してだけは違和感が。

日本には世界最古の企業である金剛組はもとより、100年、200年の歴史を有する企業が多数あることで世界的に知られているわけですが、こうした企業は決して「歯を食いしばってみんな同じ姿勢でふんばる」ような体質ではないハズ。

むしろ、伝統を守りつつも時代を先取りするような柔軟さを持ち合わせているからこそ、つまり、筆者の言う「最新の柔構造」を常々取り入れてきたからこそ、長期にわたって「安定」を獲得してきたのではないでしょうかね〜。


この筆者が言う「安定している会社」というのが、こうした老舗企業のことではないのであれば、どんな会社をイメージしているのか自分にはわかりかねる点が残念かな、と。

白物家電への期待

家電大手各社が、高機能の白物家電を相次いで発売する。薄型テレビに頼ってきた収益構造の転換に向け、各社はスマートフォンと連動した「スマート家電」や、節電効果を高めた白物家電を投入し、新たな収益の柱として育てたい考えだ。

節電効果や価格は言うまでもなく、洗濯機や冷蔵庫、できれば掃除機もですが、静けさと振動の少なさを競って欲しいと思っています。

音のしない洗濯機や掃除機・・・いずれは実現しますかね〜。