お知らせ

・2015,09,19より、写真の表示サイズを大きくしました。
・Twitter等に更新情報を投稿することがありますが、全てではありません。
・過去の日付での投稿(過去投稿)をすることがあります。

2018年8月12日日曜日

作品至上主義者

『火垂るの墓』の作画監督を務めた近藤喜文もそのひとりでした。最初で最後の監督作となった『耳をすませば』のキャンペーンで仙台を訪れた日の夜、高畑さんのことを話しだしたら、止まらなくなりました。「高畑さんは僕のことを殺そうとした。高畑さんのことを考えると、いまだに体が震える」。そう言って2時間以上、涙を流していました。

引用箇所は2ページ目です。

壮絶な現場だったんですねぇ。芥川龍之介の作品に『地獄変』という短編があって、燃え盛る牛車の中に娘がいるにも関わらず、炎に魅せられて絵筆を取ることを優先してしまう絵師の話だったと思いますが(←中学生の時に読んだだけなので)、その地獄絵図を思い浮かべながら記事を読んでいました。