ページ

お知らせ

・過去の日付での投稿(過去投稿)をすることがあります。
・2018,11,25 最下段に「アクセス数の多い投稿」を表示。
・2018,11,27 ヘッダーに画像を追加。

2015年5月19日火曜日

バイクの国なのに

多くの日本人は、世界中で日本製のバイクが絶賛されていること(それはイメージではなく確固たる実力ある良い車として)を知らない。
それどころか「免許を取らせない、バイクを買わせない、バイクに乗らせない」などということを政治家や教育者の大人たちが推進している。
馬鹿な国だと本気で思う。クルマは良くともモーターリゼーション文化が圧倒的に未開の地であるのが日本だ。

本当にそう思います。

はな

IMG_4291

紙袋の中で遊ぶはな。

iPhone 5で撮影。

夏の甲子園大会主審へのインタビュー記事

コントロールがいいとか、三振記録を持っている、という予断が入ると際どい球のジャッジがぶれるかもしれません。人間には弱さもありますから

「下調べをしない」といっても、周囲にいろいろな情報や噂が飛び交っているでしょうから、並大抵のことではないですよね〜。

審判というと、その実情を知る機会というのはなかなかないわけで、紹介するメディアがもっとあっても良いように思います。

銅鐸

島南西部にある同市松帆(まつほ)地区の南北約2キロの海岸部の田畑の下に埋まっていた可能性が高いと推定される。

松帆地区というと、小倉百人一首の第97番目であり、選者の藤原定家が詠んだ歌を思い出します。

来ぬ人を まつほの浦の 夕なぎに
焼くや藻塩の 身もこがれつつ

2013年4月にバイクで淡路島経由で四国に渡った時に、松帆地区に立ち寄ったことがあったんですよね〜。

それにしても、現在でもこのようなものが発見されるということに驚きました。



追記


奈良文化財研究所による3次元CG画像が付いていて、状態がわかりやすくなっています。