ページ

お知らせ

・2015,09,19より、写真の表示サイズを大きくしました。
・写真をクリックすると、Flickrに移動します。
・本文投稿後、しばらくしてから写真を追加することがあります。

2016年8月4日木曜日

「飛行機の中にお医者さんは・・・」

医療がうまくいかないリスクが高い場面では医療を控えることを「萎縮医療」と言います。飛行機で医者が手を上げないことは、この萎縮医療の典型例です。「人命を救うことを志した医師ならばリスクを取れ」という意見もごもっともですが、医師にも生活があり、家族があることを知って欲しいと思います。医師の善意のみに大きく頼ったシステムは、なかなかうまくいかないでしょう。

善意に頼りきりというのはねぇ。

航空会社だけでなく、鉄道会社や旅客船を運行する会社などもそうでしょうけれど、本来はそうしたところからこうした緊急時の医療行為に関する法整備を訴える動きが出ないとダメなのではないでしょうか?

先ほどから

雷鳴が頻繁に聞こえてくるように。

30分ほどザーっと降ってくれるといいのですが。

きょうも

娘の風邪はほぼ回復したものの、大事をとって保育園はお休みに。