ページ

お知らせ

・過去の日付での投稿(過去投稿)をすることがあります。
・2018,11,25 最下段に「アクセス数の多い投稿」を表示。
・2018,11,27 ヘッダーに画像を追加。

2013年9月18日水曜日

務台酒造


空気が澄んでいて背景となる山がよく見えていたので、近くを通ったついでに。

良い雰囲気の蔵ですが、ここではもう酒造りは行われてはいないと思います。詳しくはこちらを。

廃屋


山の中などではなく、住宅街にある廃屋です。というか、場所的にはすごく良い土地なのですが・・・更地にして売りに出すことができないような、何か特別な事情があるのでしょうか。

「たまゆら〜もあぐれっしぶ〜」 第11話の感想

「たまゆら〜もあぐれっしぶ〜」 の第11話「今年もありがとう、なので」を再度観ながら、いつものように思いついたことを列挙。

ちなみに、最初に観た時の感想は以下のようなものでした。


・・・ と、絶賛していましたが、再び観ても同じような感想になるのでしょ〜か?

  • 「ふたとせ(futatose)」という言葉が、「私たち展」のサブタイトルとして登場。
  • ちひろちゃんとともちゃんによる布絵は、実在の作品がありそうなくらいにリアル。
  • 麻音の両親が来るという展開は、観ている側としても嬉しいものが。
  • cafe たまゆらで親同士が会話するという設定も見事。
  • ぽって部長とかなえ先輩のあの場面はさすが。第1期の楓と塙さよみによるあのシーンを、場所と人を変えて再現したということなのでしょう。
  • みんな眠っているフリをしているというのが、もう・・・。
  • [メモ]すなみ海浜公園。
  • かなえ先輩が大声を出すところから泣いてしまう場面の、茅野愛衣さんの演技は良かったですね〜。
  • 志保美さんは、ほぼろでまだ居候中 w

今期を振り返ってみると、やはり、前半のスローペースが勿体なかったですねぇ。かなえ先輩の登場に話数を割き過ぎた感じがします。

今回の話は、第1期なら2話分の内容ですから、この話をより時間をかけて描いてくれたほうがよほど良かったような。

とはいえ、この第11話は内容がぎっしりと詰まっていて、ストーリー的にもとても良かったと思います。

最終話は、はたしてどのように締めくくられるのでしょ〜か。