ページ

お知らせ

・過去の日付での投稿(過去投稿)をすることがあります。
・2018,11,25 最下段に「アクセス数の多い投稿」を表示。
・2018,11,27 ヘッダーに画像を追加。

2014年12月11日木曜日

ホステスとして働くこと


現在の仕事や家庭を投げ打つようにして水商売に身を投じよう、ママを目指そう、という人に対してのアドバイスであればこういう回答もありだとは思いますが、「自分の経験値を高めたい」という理由で短期的に働いてみるのは、(そういう動機で雇ってくれるかどうかは知りませんし、例えば学生としての本分から逸脱してしまうかもしれませんが)結構なことだと思いますけれどね〜。

内容はともかくとして、カタギだとかなんだとかという言葉が散りばめられているためかもわかりませんが、なかなか迫力のある文章です。

元ガロの堀内護さん、死去

マークこと堀内護(ほりうちまもる)は、ここ数ヶ月の短い闘病生活ではございましたが、思いのほか病魔の進行が早かったために、手当ての甲斐なく12月9日(火)の午前3時9分、胃癌の為に永眠致しました。 享年65歳。安らかに眠るような旅立ちでした。

「学生街の喫茶店」というと、音楽の授業で使われる副読本的な歌集にも載っていたので、フォークとかを意識しない子供でも知っている曲でしたが、現在ではどうなのでしょうか。

「学生街」や「喫茶店」という言葉、あるいは学生が喫茶店で過ごすという行為にしても、失われつつあることなのかもしれませんねぇ。


65歳は早すぎるでしょう・・・。



追記

堀内さんは昨年ごろ体調を崩し、先月には関係者に「胃痛がひどい。検査の結果、胆嚢が悪く手術した。ライブをしたいが、周りに迷惑もかけるし腹痛で歌うのが困難…」という内容のメールを送るなどしていた。